住宅購入までの流れはどうなるの?

マイホーム購入までの流れを簡単にまとめました。

 

私の場合はあんまり流れが頭に入っていなくて結構バタバタしました。

 

あらかじめ備えておけば大丈夫なのでぜひ簡単な流れをチェックしてみてください。

 

 

マイホーム購入までの流れは?

 

 

マイホーム購入の流れとしては、まず何よりもファイナンシャルプラン〜資金計画をしっかり立てることが大切です。

子供がいる場合は、これから必要な教育費を計算してファイナンシャルプランを立てましょう。

共働きだった妻が子供を産んで働けなくなったとか、不況の影響で夫の収入が減ったとか、ある程度の不測の事態も想定しておいてください。

資金計画を立てた後は、買いたい家の条件を決めよう。

一戸建てにするのかマンションにするのか、新築にするのか中古にするのかなど、夫婦でよく話し合って希望の条件を決めましょう。

また、家の値段は住む場所によって大きく変わります。

この段階で揉めてしまい、住宅購入計画が頓挫してしまうことも少なからずあるそうです。

 

 

希望する条件がまとまったら不動産業者を探そう

 

 

希望する条件が拾えれば、不動産業者を探す。

不動産業者が信頼できるかどうかで、住宅購入の成否が決まるといっても過言ではありません。

丁寧で誠実な不動産屋さんを探しましょう。

不動産業者に希望の条件を伝えれば、納得のいくまで物件を調査してくれます。

周囲の環境を調べたり、地盤なども確認すると良いでしょう。

ハザードマップなどのチェックもしておくといいですね。

 

 

 

購入を決めたら、申込金を支払います。

重要事項確認書に署名・捺印することで、住宅ローンの申し込みをします。

重要事項確認書への署名・捺印後、すぐに売買契約を行う場合もあるようですが、その場合は、事前に住宅ローンの仮審査等を行う必要があります。

売買契約時には手付金を支払いますが、購入をキャンセルした場合、この手付金が全額返還されるかどうかを確認してください。

住宅ローンの借り入れが無事にできるようであれば、残りの費用を支払い、引き渡しを行います。

トップへ戻る